留まろうという思いもあったが、堪えることができなかった。
すっきりした。やってしまった重さよりも、この少しのすっきりが得られたのだから、よかったのかもしれない。
困らせたなんて思ってない。
こちらが、思い出したら苦しい、あんなに苦しい思いをしたのから。
死にそうな毎日を送っていた。
だから、これは起こるべくして起きたのだ。
神様が私にささやかな後押しをしてくれたのだ。

今日、1日静かにがんばろう。
今までにないくらい、しっかり集中しよう。
話しかけられても何も聞こえない。
私はまだ人間。
感情を無くすことはできない。
終わりも始まりもない。
今日がんばるだけ。