でも私、あなたに隠し事をしてるの。
こうするしかなかった。
相手にしてくれないから、繋ぐものが欲しかったの。
困らせたかったのかも。