気が小さい。と自覚している人が、責任は俺がとる。なんておっきな事を言って、大丈夫ですか?
その言葉を発してる人、はじめて見ました。
そういう事を言っていいのは社長だけだと思います。

質問には口答では答えないないけど、ノートには取ってあります。
一生懸命にやった仕事だから。
だから、他の人には続きをやってほしくない。
間違いを見つけるという心構えで取り組んでほしいと思いました。

私には強みがある。他の人にはないものを得た。忘れたいけど忘れられないから、いつも辛いけど、仕方ない。ゆるゆると、過ごすしかない。

しかし、婆さんの暴言には驚いた。
泣いてもだめだろうなあ。

見せないって言われたら、見たくなるか。
失敗した。
この件には触れないことにしよう。
みんな、どんどん年をとってにぶくなってるから、
忘れてしまい、思い出せないのだろう。
負けるが勝ち。

やはり、若いに限る。

こんなにこじれるとは思わなかった。
仕事に私情を持ち込んではいけないよね。
これは確信犯の技だと思う。
騙されたらだめ。

こじれた。
でも、この世での執着は全て捨てて、来世は生まれて来たくない。
さよなら。

そんなに私のこと、嫌いなんだ。
一生懸命やっても、ばかやろう。って言われるなんて、ひどい。
もう、明るくなんてできない。涙が止まらない。

危機は突然やって来る。
少し様子を見て、さっさと準備をして離れる。
それだけ。
それは、感情を捨てること。持ちうる持ち物なんてどうでもいい。
感情はあとからついてくる。辛かったことも楽しかったことになる。
持ちうる物は最初から、だだ消費して持っていただけの物。

今日はここまで。

涙が出て来た。
怒りが落ち着いたから。
言い過ぎた。
また違う展開になってしまうかもしれない。
早く天国に召されたい。