今日は晴れて暖かく、もしかしたら、最後の良き日になるかもしれない。
地球の最後。

送り出してあげるの。
それしかない。

彼女はやっと生きている。
この言葉があてはまる。まさにぴったりだ。
望まなくなってしまった。

うちの女の子はケアが必要。でないと、すぐに、落ちていってしまうから。
いつも不安でいっぱいで、すぐに泣き出すし、でも、そうかと思ったら、酒のんだみたいにハイテンション。おかしいのかなんなのか。彼女は病気なんだ。
必要な物は与えて、呼吸ができるようにしてあげないといけない。
あの映画に出てくる女のようだ。もう何もいらない、虚しい、狂った状態になっている。
足も心も痛くて歩けない、外に出られない、それは仕方がない。
何にもしたくない日がある。
病気なんだから、理解してあげないといけない。

数年前に意思を持って辞めたが、それは間違いだった。まわりに流されただけだ。
なので、再開することにした。
これで、素の自分に戻れる。

昨日は思い出して幸せで、やっぱり恋してるって思った。
2回伝えたことあった。
良かった。
メル友になって下さい。
とも伝えた。
良かった。

でも最近、変なおとこがつきまとっている。
彼はライバルだと思う。

病がわかった。依存症だ。今日は話しかけてくださった。
それで気づいた。
何日も連絡してない。
何かあったかと心配してくれているといいな。
でも、そんなことはないだろうな。
きっと、おこってあきれているに違いない。
優しくて、色っぽくて、カルマの良い人に違いない。関わったら失礼かもしれない。って気づき始めた。
幸せを邪魔してはいけない。
私はもう生まれ変わらないのだから。